ページ内を移動するためのショートカット

高額療養費制度

RI標識抗体療法の医療費はいくらかかりますか?
また、高額療養費制度の払い戻しの対象となりますか?

「ゼヴァリン®によるRI標識抗体療法」の実施には、高額な費用がかかります。健康保険を使わず全額自己負担ということになると、併用する薬剤費も合わせて総額約500万円前後が必要になります。

日本では、高額な医療費を必要とする患者さんに対して医療費を補助する制度がありますが、これらの制度を利用するには健康保険に加入し申請することが必要となります。高額な医療費を支払う患者さんは、この制度を利用して自己負担額の上限を超えた部分の差額の払い戻しを受けることができます。自己負担限度額は、年齢や所得区分などによって算出法が異なり、複数の受診や同じ世帯にいる方の受診によってご負担額を軽減することもできますので、必ずご加入の健康保険および医療機関にご相談ください。

70歳未満の方(高額療養費の自己負担限度額算出法) 70歳未満の方(高額療養費の自己負担限度額算出法)

注 1つの医療機関等での自己負担(院外処方代を含みます。)では上限額を超えないときでも、同じ月の別の医療機関等での自己負担(69歳以下の場合は2万1千円以上であることが必要です。)を合算することができます。この合算額が上限額を超えれば、高額療養費の支給対象となります。

〈70歳以上の方の上限額(平成30年8月診療分から)〉 〈70歳以上の方の上限額(平成30年8月診療分から)〉

注 1つの医療機関等での自己負担(院外処方代を含みます。)では上限額を超えないときでも、同じ月の別の医療機関等での自己負担を合算することができます。この合算額が上限額を超えれば、高額療養費の支給対象となります。

[参考]
「ゼヴァリン®によるRI標識抗体療法」の自己負担限度額計算例

※1ヵ月に医療費が500万円(自己負担150万円)かかった場合に支給される額【70歳未満】

総医療費 500万円
健康保険の給付……350万円(7割)
自己負担(窓口で支払う額)……150万円(3割)

  1. 1. 自己負担額を計算します(70歳未満*
    80,100円+(5,000,000円−267,000円)×1%=127,430円
    払い戻し後の自己負担額は127,430円となります。

    * 健保標報28〜50万円の方の場合

  2. 2. 次の金額が高額療養費として支給されます。
    自己負担額から自己負担限度額を引くと
    1,500,000円−127,430円=1,372,570円

詳しくはご加入の健康保険および医療機関にご相談ください。

上記は、2018年8月以降の制度になります。
2018年8月以前の制度に関しては、ご加入の健康保険および医療機関にご相談ください。