ページ内を移動するためのショートカット

「ゼヴァリン®によるRI標識抗体療法」とは

RI標識抗体療法は、どの様な治療法ですか?

「ゼヴァリン®によるRI標識抗体療法」は、放射性同位元素(アイソトープ)であるイットリウム−90(以下、90Y)とモノクローナル抗体(イブリツモマブ)を使用したRI 標識抗体療法です。90Yを結合したモノクローナル抗体を静脈注射し、リンパ腫細胞に結合した抗体の90Yから放射されるベータ線という放射線によってリンパ腫細胞にダメージを与えます。

「ゼヴァリン®によるRI標識抗体療法」では、ベータ線を放射する90Yと、ガンマ線という放射線を放射するインジウム−111(以下、111In)をモノクローナル抗体に結合させた2種類の薬剤と、リツキシマブという薬剤を使用します。

この3種類の薬剤は、すべてB細胞性非ホジキンリンパ腫やマントル細胞リンパ腫に多く存在するCD20抗原というたんぱく質にだけ特異的に結合するモノクローナル抗体を使った薬剤です。
「ゼヴァリン®によるRI標識抗体療法」では、これらの薬剤を一定の順序で注射します。

RI標識抗体療法 RI標識抗体療法
[「ゼヴァリン®によるRI標識抗体療法」で使用される薬剤] リツキシマブ、インジウム-111(111In)イブリツモマブ、イットリウム-90(90Y)イブリツモマブ [「ゼヴァリン®によるRI標識抗体療法」で使用される薬剤] リツキシマブ、インジウム-111(111In)イブリツモマブ、イットリウム-90(90Y)イブリツモマブ

「ゼヴァリン®によるRI標識抗体療法」で使用される2種類の放射性同位元素を結合させたモノクローナル抗体は、それぞれ静脈内に投与されます。また、リツキシマブは点滴静注で事前に投与されます。

放射性同位元素を結合させたモノクローナル抗体は静脈注射で投与されます。リツキシマブは点滴静注で投与されます。 放射性同位元素を結合させたモノクローナル抗体は静脈注射で投与されます。リツキシマブは点滴静注で投与されます。

これらの薬剤は、それぞれ特定の目的をもち、一定の順序および期間内に投与されます。
「ゼヴァリン®によるRI標識抗体療法」は全体で7〜9日間で行われます。

RI標識抗体療法は、どの様に進められますか?

「ゼヴァリン®によるRI標識抗体療法」では、リツキシマブ、111Inイブリツモマブ チウキセタン、90Yイブリツモマブ チウキセタンという3種類の注射剤が使用されます。「ゼヴァリン®によるRI標識抗体療法」全体は、7〜9日かけて実施されます。
なお、リツキシマブは、111Inおよび90Yイブリツモマブをリンパ腫細胞に効率的に集積させるために投与します。

①1日目の薬剤投与(診断用)→ ②撮像 (画像診断 1回目)→ 追加撮像 (必要な場合)→ ③7〜9日目の薬剤投与(治療用) ①1日目の薬剤投与(診断用)→ ②撮像 (画像診断 1回目)→ 追加撮像 (必要な場合)→ ③7〜9日目の薬剤投与(治療用)